駆けだしフリーランスワーママのブログ

最近フリーランスになりました。ワーママの日常、育児について、読んだ本について。日々の思いを徒然と。

ワーママ転職活動はやはり一筋縄ではいかなかった

前回エントリでワーママ転職にオススメなサイト、サービスを紹介したが、

それ以外経由でも、一度、転職面談に行く経験もしたので記録しておく。

 

で、いきなり余談。

そのサイトは「キャリア女性のための転職サイト」と謳っているものだったが、

登録してみると本サイト(女性専用でも何ものでものない)につながり、

特に女性向けでもない、むしろ本当にレジュメ見てるんだかわからないような

求人オファーがじゃんじゃか来て、非常にがっかりな思いをした。

 

そして、こういうサイトで気をつけないといけないのが、

「●●社で●●(職種)をご経験の●●様へ」とあたかも個別にオファーしてます感を

見せるDMが多いこと多いこと。

レジュメの社名と職種くらいしか見ておらず、社名と名前を変えれば内容一緒、

な残念オファーが多すぎる。(特に人材紹介会社のDM)

 

結局はSEO対策のランディングページにひっかかっただけだったぽく、

そのランディングページに掲載されている求人も、女性の多様な働き方を

支援している企業というよりも、単に女性を積極募集している(管理職数値目標を達成したい?)

企業を掲載しているだけなんじゃないか?と思われる求人ばかりだった。

うまいよなぁ。いや引っかかる自分が情弱なのか?

でもそういう情弱相手のやり方って、企業として愛されないよなぁ。

なんて思ったりするのだが、どーなの?

 

ただ、登録してしばらくして、うんざりするDMたちの中で1社だけ、

私のレジュメをしっかり読んだ上でオファーをくれたと感じた企業があったので、

9年ぶりの転職面談に行ってみることにした。

  

その企業は、きちんと「産休前・復職後の」業務経験に興味があると

記載したオファーメールをくれたのだ。きちんとレジュメを読み、

時短勤務であることも把握してくれた上でのオファーだとわかり、

大変感動したのである。

結局、企業への志望動機ってこんなところだったりするよね。

また、こういうところに時間を割けることが本質的な採用活動だよなぁと思ったり。

とにかくまぁ好感を持ったのである。

 

9年ぶりの転職活動。ドキドキのど緊張。

 

一応、以前の転職活動時からいくらか大人になっているので、

事前の企業情報収集は一通り行い(もちろん転職口コミサイトや2chも熟読)、

働くイメージをつけてから面談受ける返事をしたが、

面談当日までも、そのまま面接になっても構わないように話す準備を

しっかりしてから臨んだ。

(最近は直で面接ではなく、最初は会社説明みたいな面談が初回なことが多い)

抜かりなく。少ないチャンスを確実に仕留めねば。

 

 実際に面談に行ってみてからも、その企業は良心的で本当に丁寧な説明と面談を

してくれたのでますます好感を持つことができた。

が、結局は面接に進まずに辞退することにしたのだった。

 

理由は大きく2つ。

1つは、仕事内容。自分のやっていきたい方向と少しズレがあり、

強みが活かせないかも?と感じたところ。

2つめは、勤務地。今の職場より若干遠くなるということだった。

この「若干」が曲者で、子を保育園に預けるワーママにとって

大きなストレスになるんじゃないかという懸念が最後まで拭いきれなかった。

 

今の環境から抜け出せるなら、という藁にもすがる想いがありつつも、

どちらも譲れない条件だった。

転職後のリアルな自分をイメージして「迷うならやめとく」の結論に至った。

 

面談のために時間を割いてくださった人事の方には大変申し訳ない思いだったが、

やっぱり企業に訪問して詳しく生の情報を聞かないと得られない「感覚値」だった。

 

そして、わかったこと。

育児をしながら働くワーママにとって、1社の面談も本当に消耗するものだったっ!!

(1球闘魂型の転職活動だったのもあり)

この後、仕事が少し忙しくなったのもあったが、体調を崩してしまった・・・。

結局は、転職活動を断念、一旦リセットすることにしたのだった。

 

続く。