駆けだしフリーランスワーママのブログ

最近フリーランスになりました。ワーママの日常、育児について、読んだ本について。日々の思いを徒然と。

ワーママ、転職活動ことはじめ。

ワーママ生活が約半年過ぎた頃、

いい加減自分の状況にうんざりして、転職活動をしようと思い至った。

 

転職活動を始める前は、社内で新しいチャレンジができないか上司に掛け合うつもりでいて、

ダメなら、あと半年我慢して2人目妊活に入ろうと思っていた。

↑甘い?いや、30代ミドルワーママには時間がないんすよ!

 

が、

たまたま参加したワーママの集い的な場で、

2人の未就学児のママで転職を成功させている人に出会ったのだ。

時短勤務で子供もまだ1歳で手がかかる時期なのに転職なんて絶対無理でしょ!

と思っていたの私は目からウロコが落ちた思いでいた。

その後も調べてみると、世の中には実際に転職成功をさせているワーママって

結構いるんだ、ってことが判明した。

 

なーんだ、その選択肢もありなのか、ってことでフットワークだけは軽い私、

早速いくつかの転職サイトを見てみることにした。

そして3ヶ月間と期間を決めて転職活動を始めることにした。 

 

いやいや、判断早くない?もっと社内でできること探したら?

と思う人もいるかもしれないが、

それは時間がある人(あと若い人)だからできる行動だ。

30代ミドルのワーママには時間がないのだ(2回目)。

もたもたしてたら2人目を産むタイミングを逃してしまうっ!!

やってみてダメならまた社内で探せばいいことよ。 

 

ってことで、「時短勤務 転職」「ワーキングマザー 転職」のキーワードで

ググって出てきた転職サイトにいくつか登録してみた。

 

転職サイトの中のいくつかは、ワーママ・女性向けって言葉を置き換えただけの

中身はフツーの転職サイトでやたらDMが多いものもあり、

そういうサイトはソッコーで登録削除をした。

 

中でも質が良いと感じたのは、こちらの2社。

 (私が住んでいるのは首都圏です)

libinc.jp

waris.co.jp

 

リブズは女性専用の転職サイトで、

個人情報を登録すると人材紹介会社のエージェントや企業の人事からオファーが来る。

大手サイトほどオファーDMはこないが、理解ある企業のみがオファーをくれるので

効率的だった。

 

Warisはワーママ特化型の紹介会社。

案件は業務委託(フリーランス)の求人割合が大きいが正社員の案件も結構あった。

こちらも紹介数は少ないが、事情を理解した企業ばかりなので安心できた。

 

ちなみに、リブズ、Warisの2社はそこそこキャリア積んでる人向けのサイトだと思う。

そして2社とも、オファー数は大手と比較すると少ないが、ピンポイントなので、

的外れな求人はないのがワーママ的にありがたかったところだ。

また小規模で新しめの会社なのでカウンセリングサービスも丁寧で話をよく聞いてくれた(涙)

 

仕事を選ばなければ大手サイトや紹介会社でも時短案件は結構あるし、

派遣会社でも時短勤務ができる案件が増えてきているという。

が、今回は、キャリアを活かした転職がしたかったので、

上記の2社のサービスに絞って活動をすることにした。

 

そして、ワーママ転職のポイントは、

マッチする求人は少ないので、あまりガツガツしすぎず、気長に待つこと。

自分に合う求人が来たら応募してみる、というスタンスで取り組むこと。

これが、息切れしないコツだと思う。

 

 ちなみに、何気なく登録した大手サイトではなぜか人材紹介につながり、

半ば強制的にカウンセリングをされ(大手ではあるあるだけど)、

「●●さんの場合だと通常の人よりも書類通過率も下がるので、

 倍の活動量が必要だと思ってください」

 →翌日から普通の人用の求人票がじゃんじゃかメールで届く。

(私:心の声)

「頼んでねーし!さばけねーし!てかワーママに活動量とか求めんな!んな時間ねーよ!!」

ってなイライラも体験もしたりした。

ワーママの転職活動って結構特殊なのね〜ってことが分かったりして

これはこれで、素直に勉強になったりもしたけどね。

 

今日はひとまずここまで。

また次回、続きを書きます。