駆けだしフリーランスワーママのブログ

最近フリーランスになりました。ワーママの日常、育児について、読んだ本について。日々の思いを徒然と。

おおきくなるっていうことは

先日のこと。

息子の保育園の発表会があった。

 

日々練習をしていると保育園の先生から聞いていたのでとても楽しみにしていたが、

お迎えの時のドタバタであまり詳しく聞いておらず、

どうやら「だるまさん」シリーズの絵本の劇をやるらしいというくらいの

うすーい情報のみで当日を迎えることになった。

 

当日を迎え、我が子が登場するのを純粋に楽しみにしていた私。

息子の出番をまだかまだかと待っていると、

冒頭で年長さんクラス全員による「おおきくなるっていうことは」という絵本の

暗唱が始まった。

 

年長さんクラスなんてまだ5年も先だけれど、同じ子を持つ母親。

あと4ヶ月で保育園を卒園し、小学校入学を控えるお子さんを持つお母さんの

気持ちに心がシンクロし、思わず涙がホロリしてしまった。

 

ーーー以下、ググって出てきた文章抜粋

 

おおきくなるっていうことは

 

おおきくなるっていうことは ようふくが ちいさくなるってこと

おおきくなるっていうことは あたらしい はが はえてくるってこと

おおきくなるっていうことは みずに ながくかおを つけていられるってこと

おおきくなるっていうことは まえより たかいところに のぼれるってこと

おおきくなるっていうことは あんまりなかないってこと ←ココで目頭じわっとくる。

おおきくなるっていうことは じぶんよりもちいさなひとがおおくなるってこと

おおきくなるっていうことは ちいさなひとにやさしくなれるってこと

・・・

おおきくなるっていうことは そういうこと

 

www.ehonnavi.net

 

成長することは、あたらしい世界がどんどん広がっていくってことで、

とてもとても喜ばしいことだけれど、母の本音としては、

少しずつ自分から離れていく我が子に、やっぱり寂しさを感じずには

いられないんじゃなかろうか。

それとも、そんなことを感じさせる間もなくあっという間に

大きくなっていくのだろうか。

 

息子、今はおしゃべりが少しずつできるようになってきたところだけど、

まだまだ泣くことで自分の主張をすることが多い。

そんな息子もいつか「あんまりなかない」になり、

母の懐よりも外の広い世界に興味関心が移っていくのだろう。

 

「成長とは変化していくこと」

私は、仕事で人にそんなメッセージをすることが多い。

他人には簡単に言えるくせに、自分は息子の変化を受け入れることができるだろうか。

 

そんなこんなしてたら、

しばらくして息子、だるまさん姿で登場。

自分の名前を呼ばれて「はいっ」とお返事ができた。

「だ〜る〜ま〜さんの〜 はっ!」で上手に歯を指差す息子。

ジャジーズファンばりの黄色い声援を送る母。

私も変わったなぁ。

 

f:id:st1110jp:20161212083136j:image

 

同じ日、セールで安く買った電動自転車を我が家に迎え入れた。

重くなってきた息子、抱っこ紐での送り迎えが大変になってきたため、

ボーナスで思い切って購入したのだ。(電動自転車って高い!(涙))

 

そして、代わりに、長年愛用したクロスバイク

泣く泣く廃車にした。

20代後半から妊娠するまで毎週末乗っていて、

相当痛んでいたのもあったけれど。

置くスペースがなかった。

 

最後に記念写真を一枚。

 f:id:st1110jp:20161211231116j:image

 

おおきくなるっていうことは。

そういうこと。