駆けだしフリーランスワーママのブログ

最近フリーランスになりました。ワーママの日常、育児について、読んだ本について。日々の思いを徒然と。

フリーランスになって4ヶ月の振り返り(デメリット編)

自由で気楽なフリーランス

子育てしながら自分の仕事も充実させたい自分にとっては今の所合っているなぁと感じているのは前回も語ったのだけど、、、

一方でデメリットのようなものも一応あるのでまとめてみようと思います。

 

working-women.hatenablog.com

 

まだ4ヶ月なので、もう少ししたら見方が変わりそうなものもありそうだけどね。

現時点での振り返りを兼ねて。

 

1.やっぱり孤独感ってある。

これってフリーランスの方々が口を揃えて言うけれど、

やっぱりそうだなぁと実感している今日この頃。

なってみなければこの孤独感ってわからないと思うんだけど。

 

もともと、私はチームで仕事をする方が好きで、

会社員の最後の頃はほとんど一人で仕事していたんだけどなんか寂しかった。

仕事は回るんだけど、コミュニケーションに飢えてる?そんな感じがあった。

会社なんて友達作りに来てるわけじゃないんだけど、

チームであーだこーだ言いながらディスカッションしながらより良いものを

作っていくっていう過程が好きだったから。

だから、フリーランスになるかどうか迷っていた時、孤独感に耐えられるかどうかを一番懸念していた。

 

で、今、仕事を始めてみて4ヶ月経ったけど、、、

孤独感は、やっぱりある。

ただ、以前の孤独感の種類とは違うって感じてる。

今の仕事は常駐型でチーム制なんだけど、PJメンバーとしてプロフェショナルであることを求められているので、ちょっとした悩み相談とか気軽にできないっていう感じ。

わからないこともググったり自分で調べることが基本。

会社員時代よりもより自律・自立を求められる。

でもチームであーだこーだ言いながらディスカッションする環境はあるのでそこは楽しくやれてるし、充実している。

 

思えば、会社員の最後の方は、組織の中でもマイノリティで、

疎外感を感じていたのかもしれない。

以前の孤独感が「寂しい」だとすると、現在のフリーランスの孤独感は「自律を求められてる」って感じ。 

 

ちなみに、在宅の仕事中心だったりすると、さらに孤独(寂しい)になりそうなので、私には向かないかなぁと現時点では思ってる(^^;)

 

2.自己成長・スキルアップが自己管理

当たり前だけど、プロフェッショナルとして契約しているので、仕事は教えてもらえません。

OJTなんてございません(育てられません)。

あと、会社員だと半強制的(というよりほぼ強制的な)研修や上司の面談なんかが定期的にあったりするけど、そんなものはもちろんないし、

評価制度もないので、自分のスキルチェック・成長度合いも自己点検していかなければならない。

 

セミナーやちょっとした講座を受けるにももちろん自腹。

雇用保険に加入していないので、教育訓練給付ももらえない。

(条件をクリアしていたら退職後でももらえることあります)

経済面でも自己負担になるのはデメリットかな、と思う。

  

なので、仕事を選ぶときには、少しでも成長・スキルアップにつながるような、少し自分にとってハードルが高めっていう案件を狙っていきたいと思ってる。

また、少しフィーは下がっても将来につながりそうか、日銭を稼ぐ仕事よりも、将来につながる投資になる案件かどうか、

そんな観点でも仕事を選んでいきたいと思ってる。

 

なかなか思うような仕事がなくなったとしても、それはスキルアップのための自己投資をする期間にしようという心づもりでいる!!

(そのための蓄えもしっかりしなきゃ、ね・・・)

 

 3.税金・社会保険・お金の管理が面倒 

とりあえず、今まで会社がやってくれていた税金・社会保険関係の手続きを全て自分でやってはいるけれど、

私が住んでいる自治体は、支払いだけならスマホでもできるようになっているので楽チン。

それよりもこれからやってくる確定申告とそれに備えた記帳が大変なのかな、とドキドキしてます。

 

確定申告は医療費や住宅ローンの時に経験しているからどんなものかっていうのはわかるけれど、

青色申告の65万円控除で申請したので、複式簿記っていう複雑なやつをつけて提出しなきゃらしく、

とりあえず、MFクラウド確定申告に登録したけれど、

仕分けの仕方がよくわからず、まだ全く手をつけていない・・・。

また提出時の最終型もよくわかってないので不安でイッパイ(涙目)

biz.moneyforward.com

 メールやチャット相談ができる有料コースに申し込みしようかどうしようか、超迷ってる。

 月額800円か…。

 

そんな悩みを相談する相手や、教えてくれそうな人も周りにおらず、

自分で調べて解決しなきゃいけないのがとってもとっても面倒・・・!!

一度経験してしまえば慣れるのかな?? 

 

 4.漠然とした将来への不安を感じる

経済的には、会社員であれば退職金や厚生年金など老後の手当ては厚い(?)けれど、

自営業だとそれがないのは、デメリット。

ただ、それは確定拠出年金や小規模企業共済などに加入すればある程度は保障が得られることは少し勉強してわかった。 

マンガ 自営業の老後

マンガ 自営業の老後

 

  この本、超おすすめ!

 

それよりも、会社員の時とは信用の度合いが圧倒的に少ないことが、この先何に影響するかが見えていないってことが漠然と不安。

家は会社員時代に購入済みなのでこの先大きな買い物をする予定は当分ないけれど、

社会的な信用が低いというのがどのように経済的な影響が生じるのか…!?

よくわかってないことが不安なんだなぁ。

 

また、自身のキャリアについても、

会社に所属していると、少なからずロールモデルがいるので、ある程度の将来を予測しやすいけれど、

フリーランスでスーパー自由の身としては、この先自分がどのように進んでいくか、

広い世界の大海に小舟一艘ポツーン、といった感じで漠然と不安を感じている。

その状況を、半分は楽しんでいるけれど、半分不安なのは事実。

 

計画しても計画通りにならないのが人生だと思うけれど、

見えない、予測できないってことは不安になりやすいんだなぁってのがわかった、今日この頃です。

 

以上。

まとめてみると、前例だったり周囲からの情報が少なくなるので、不安に陥りやすいってことが大きなデメリットなのかな。

あとは、個人の性格や仕事の中身・スタイルによっても大きく違いそうな気がする。

 

私が今不安に思っていることも、フリーランス仲間のつながりを作ったりして、積極的に情報収集することである程度は解消できそうな気がしてきた。

 

うーん、やっぱり定期的に現状を振り返るって、大事ね。

 

ってことで、以上。

またしばらくやってみて追加・訂正事項あったら、続編まとめよーと思います!

フリーランスになって4ヶ月の振り返り(良かったこと編)

先日、フリーランスになって初回の契約更新を終えた。

初回の契約更新でなんと単価300円/h UP🌟

始めて3ヶ月で単価上がると思っていなかったので、軽く小躍りするw

 

今の仕事は受託・常駐型で、企業のイチPJに参画してるので、

感覚としては会社員みたいな感じで。

契約元の担当の方にも「3ヶ月は試用期間みたいなもの」って言われていたので、

働き(成果物?)を認めてもらえたようで嬉しかった。

 

 また、報酬UP目当てでフリーランスに転向したわけじゃないけれど、

会社員時代の時給に換算すると当時を上回ったので、これまた嬉しかった^^

自分の評価がダイレクトに報酬に反映されると、やっぱりモチベーションになるね。

 

 さて、無事に契約更新も終えたので、

フリーランスについて少し振り返りをしておきたいと思う。

 

まずはストレートに。

 

フリーランスになって良かったかい?

 

これはもちろん…

YES!!

 

次からはじゃあ何が良かった?をまとめます。

 

1.組織のしがらみから解放された

これを1番にあげるフリーランサーは多いと思うけれど、私も一番はコレ。

さらに細かくあげるとすると、

 

「評価される・する」から解放された
電話対応、社内調整など所在の分からない仕事に時間取られなくなった
合わない人との会話も最低限で済む(しなくていい)

 

能力・情意評価、後輩育成といった組織ならではの評価・制度から解放されたこと、

単純に問われるのは成果だけになったので逆にスッキリ。

逆に、それらの荷がいかに重かったかもわかったw

荷が軽いと本来の力も発揮できるので成果に向けて一点集中できる!

後輩育成は結構好きなんだけどね。今は息子育成だけで十分ですw

 

2.時間のメリハリがついた

 「ひよっこ」の鈴子さんの名言につきます。

sirabee.com

「それは感心感心……って言いたいことだけど、やめなさい。仕事っていうのはね、決められた時間内だけするものなの。その分だけ私、給料払ってないよ?

 

時間内、精一杯働く。終わったら忘れる。でないといい仕事はできないよ」


これやで、これ!

これ、リアルタイムで視聴して聞いた時に感動したね。

ただし、フリーランスでも仕事の種類や業種によっては土日祝日関係ないって人も多いみたい。

私は今の所は、時間内に仕事終わったらプライベートでは忘れる、ができているけどね。

 

実践してみると、これが明日への活力につながる。

仕事に対してポジティブになれる。

生産性も向上したと思う!(自分調べ)

 

3.健康体になった!

国民健康保険には加入しているものの、健康保険と違って傷病手当金がない上に、

労働保険や雇用保険がないのは少しリスクなフリーランサー

有給休暇もないので、休んだ分だけ 収入が減る。

なので自然と生活リズムを整えたり、食生活に気を使うようになった。

夜は息子と一緒に21:30に寝落ちし、朝5:00に1人起床でしっかり7時間半睡眠w

細々した家の仕事は朝の1人時間に済ませます。

お肌のゴールデンタイムに睡眠を取っているのでお肌の調子もGOODw

 

また、社食やフリードリンクもなく、都心はコンビニやご飯屋さんは混むので

お弁当生活に転換。

土日の1日はホットヨガにも通えるようになり、かなりの健康体に!!

ただし、お菓子だけはやめられず、脂肪は減りませんw

4.仕事の幅が広がった・経験値が増やせている実感

 どうせフリーになるんだから、今までと同じ仕事ではつまらない。

ってことで、毛色の違う仕事を選んだので、自然と知識・経験値も増えた。

この仕事、社内にずっといたらできなかったし、転職でもありつけなかった思う。

(紹介会社だと私の年齢では今までの経験の延長の仕事しか紹介されないから)

 

 もし仮に、次に企業に転職となった場合に、

職務経歴書にPRできる仕事を選ぼうってことに決めてるので、

フリーランスでいる間はどんどん経験値になる仕事を選んでいきたいと思っている。

 

以上。

振り返り(良かったこと編)でした。

今のところは後悔なくやれてるってことに安心。

まだ3ヶ月なので、これから困難が待ち受けているのかもしれないけれど

今の所は満足しています。

ワンオペ育児が辛い真の理由

昨日、仕事の合間にネットサーフィンしてたら、こんな記事を見つけた。

dual.nikkei.co.jp

分担についてパートナーと話し合ったことがあるのが7割とあれど、話し合いの結果は散々だったという内容の記事。

話し合ったことがある人に対して、「何について、どのように話し合いましたか、また、パートナーからの反応はどのようなものでしたか」と質問し、寄せられた回答 

【伝えた内容】 自分のほうが負担が大きいことを伝えた。
【反応】 2人目を望んだのはそっちだろという言い方をされ、話し合いにならなかった。

【伝えた内容】 ゴミ出しや風呂掃除をやってほしい。洗い物を食洗機に入れてほしい。
【反応】 俺だって仕事してるんだから。俺が頼んで働いてもらってるわけじゃないから。

【伝えた内容】 帰ってから何をしているか、時系列を追って話した。
【反応】 自分には、毎日それはできないな、と言われた。適材適所がいいというような旨を伝えられた。

【伝えた内容】 もう少し家事をしてほしいということと、子どもの世話をしてほしい ということをお願いした。
【反応】 俺が家事をするなら、俺の会社の近くに引っ越せ、家事育児のせいで俺の給料が下がっても文句言うな!と、話し合いにならなかった。 

 

いやいや、これって、ワンオペ以前に夫の人格の問題では…。

(もちろん妻側の伝え方の問題もあるかもしれないけど)

 

特にこのあたり。

【伝えた内容】 子どもが病気のときの看護休暇取得の分担について(パートナーは有休MAX40日、自分は毎年欠勤。せめて欠勤にならないようにしてもらえないか)。日ごろの家事育児をやらないことに加え、自分の予定も言わないことによるこちらの迷惑度について。
【反応】 無反応(だんまり)。返答・回答なし。そして逆ギレ(うるせぇっと怒声)。

【伝えた内容】 家事育児のタスクを全部紙に書き出して、分担を話し合った。この中から自分ができることを1つ2つ選んでほしいと伝えた。
【反応】 俺ができることほとんどないやん、ってキレられた。雰囲気は険悪に。

私だったら頭にうっすら浮かべる。

リ コ ン

の文字を。よく耐えてるよ。

 

私の知り合いのワーママさんでも、

「結婚当初はあんなに大好きだったのに・・・」とワンオペ育児の嘆きと夫への失望感でいっぱいになっている方をお見かけしたりもする。

 

ワンオペ辛いよね…。

わかるわかる。我が家も家事育児分担は私8:夫2の平日ワンオペ、

たまに土曜もワンオペだからね。

 

私なりに考えたワンオペ育児が辛い理由。

それは、タスクが多すぎる、手が足りない、自分の時間もない、

ってことも大いにあるけれど、

 

一番は

 

孤独

 

なんじゃないかと思う。

 

1番辛さを理解してもらいたいパートナーにわかってもらえない(分かり合えない)って本当に辛い。

コミュニケーションはとっているつもりでも、お互い忙しすぎて連絡事項の伝達に終わっていたりすることって往々にしてあるしね。

 

我が家はどうワンオペを乗り切っているかというと、

タスク分担はこれでも当初より夫の分量は増えた。

前は9:1くらいだった。

 

ワンオペながらも我が家が崩壊しない理由を少し整理してみると…

  • そもそも私自身が家事育児など家仕事が好きな方で、自分の思うとおりにやりたいタチである
  • ちょうど、夫が昇進昇給して、やる気にあふれているところに水を差したくない(どちらかが稼げる時に稼ぐべし!)
  • 分担事項は一度決めると投げ出さずやってくれる(保育園送り、朝のオムツ替え、土日のお風呂、、、等)
  • 私が寝落ちしていると気を利かせて洗い物や洗濯などやってくれる(たまにだけど)
  • 基本は子煩悩で休みの日などは子供とは全力で遊ぶ
  • 私が超絶機嫌悪くて夫に当たり散らしても全然キレないし、逆に笑いに変えてくれたりする(神様か)。

特に一番最後、大きいな、と思った。

書き出してみると、日々の不満は夫の明るく子煩悩な性格でチャラになっちゃっているのかもしれない。

私の「タスク多くて自分の時間なくて辛いんじゃバカヤロー!」の声を正面から受け止めてもらい(右から左に受け流している?)、逆に申し訳ないとすら思うこともある。

  

最近は夫が育休とって、とか子育てのために転職したりっていうご家庭も増えてるらしいからそういうの見てると、やっぱ世の中変わってきてるなぁって実感する。

 

まぁそもそも、私も夫も、出産したら妻が育休とって時短勤務してっていうのを

当たり前だと思っていたからね。

無知って怖い

  

もちろん、できれば夫にはもっと家事育児に主体的に関わってもらいたいと思う気持ちあるけれど…

今は今で、我が家としてはいいバランスを保っているような気がしている。

 

こういうとワンオペ容認しちゃってる古い価値観の女のようだけど(汗)

家事育児と仕事の両立、家族の在り方のベストバランスって本当にご家庭によって、ケースバイケースだなって思う。

 

もう少し時間がたって、

私がもっと仕事したい〜!って思うようになったり、

2人目が産まれてもっとタスクが増えたり、

教育費のためにもっと稼がねば!!って状況になったりしたときに、

交渉できるか。話し合いの土俵がつくれそうか。

そんな関係が見えてるだけでも心強いよね。

 

今、戦っているお母さんたち。

夫と分かり合えない時には、同じ悩みを抱えてる母のコミュニティってたくさんあるから、ぜひ頼ってほしい。

頭の中にあることを言葉にしてみるだけでも、本当にすっきりするからね。

 

脱・孤独育児。

頑張ろう。

 

 

近況・・・求職活動中です。

うん。なんだかんだで更新1ヶ月も空いてしまった。

毎日ブログ更新されている方々、尊敬。

 

この1ヶ月、実は求職活動をしていた。

転職でも就職でもなく、求職。

つまり、フリーランサーとしての2件目の仕事を獲得しようってこと。

 

今常駐型の案件を1件やっているんだけど、それが大体月100時間程度。

これが向こう1年くらいはおそらく続けられそうな感じで、

追加してもう1件、月40−50時間ほどの在宅案件がないか探してるとこ。

 

それがなかなかないよね〜。

そんな都合のいい案件。

しかも、エンジニアでもクリエイティブ系でもない、

企業寄り?のスキル領域のフリーランサーなもんで、

なかなか巷に落ちていない。

 

仕事。

 

ないぜ。

 

苦戦してます。

 

で、なぜ2件目の仕事が必要なのか、なんだけど。

そもそもを整理。

 

理由は4つ。(多いっ)

 

(1)リスクヘッジ

よくある、掛け持ちしておいたほうが、仕事が切れた時のリスクヘッジになるからってやつ。

これはフリーランサーの常識らしいね。私もアグリーです。

 

(2)息子保育園継続のため

フリーランスになった事(転職時も然り)を区役所に報告しなけれならないんだけど、

その時に、区役所から100時間では足りないので、あと40時間追加してください、と言われた。

入所時はフルタイムの条件だったので、同じ条件に戻してもらわないと、

保育園落ちた方に示しがつかないそうだ。

(うちの自治体では月140時間以上がフルタイム扱いになるそう)

まぁ道理としてはそうだなぁと思えど、実態は時短勤務だったので、

「えっ。働く時間数はそんな変えてないですけど??」ってのが本音。

 →時短勤務制度はフルタイムの扱いになるそう。会社員ならではの恩恵だな。

 

うちの自治体では、時間足りなくても退所まではいかないらしいが…

保育園にはお世話になっているのでね。ここは素直に従おうか。

 

(3)2人目妊娠に備えて

(1)(2)の理由に近いんだけど…、

フリーランサーには育休がないんだよ〜(泣)

そして、息子を保育園に預け続けるためには、産後2ヶ月しか休めないので、産後少しずつでも

再開できるような在宅案件を確保しておきたい。

産後2ヶ月で仕事復帰って…ですか!?

これについては別途記事で触れたい。

かなり切実。このままじゃ子が増えねーぜ。日本よ。

 

(4)飽き性なので♪

これもかなりあるw

1件目始めて3ヶ月経過したが、かなり慣れてきた。

慣れからの緩みも出始めていると感じている。

仕事にメリハリと緊張感を保つために、自分への戒めのために。

あと、せっかくフリーランサーになったんだもの。

いろんな案件に関わって自分の領域広めたいよね。

 

まとめてみると、(3)(4)が理由として大きいかなぁ、

っていうことに改めて気づく。

 

あぁ、にしても保活に関してはやっぱ会社員有利だよねぇ。

フルタイム扱いで保育園ポイント稼げる時短制度とか、育休制度とか。

これがないのはフリーランスの落とし穴だったなぁ。

 

かといって、退職したことは一切後悔してないけどね。

さて、求職活動、もうひと頑張り。

E PRONT(エプロント)が居心地良かった件

いや〜、梅雨本番きたね。

曇り空の雨空ってなんだか気が滅入っちゃうけれど、

反面、季節通り、梅雨が来てちょっとホッとしている自分もいたりして。

 

 

さて。

日曜の朝、とある地で打ち合わせがあり、梅雨空を避ける&

時間つぶしのためのカフェを探していたところ、

E PRONTが近くにあったので入ってみた。

 

このE PRONT、なかなか良かったので記録しておく。

 

epronto.jp

「あらゆる人々の心と生活にフィットする、自分の居場所」ってコピーが洒落てるね。

しかも、イー・プロントかと思いきや、エ・プロントが正しい読み方らしい。

読み方からして洒落乙です。

郊外型なのに都心型より洒落てるってどういうコトーマックと逆ですな。

 

名称、コンセプト通り、

ウッディなインテリアにくつろげるソファ・椅子といったおしゃれな内装、

ちゃんと美味しそうなメニューが揃っている。

てか、コーヒーはプロントのより数倍美味しかったス。

価格一緒なのに、雰囲気効果なの!?

 

f:id:st1110jp:20170626214627j:plain

ホットケーキも超おいしかったっス!

 

もちろんカウンター席には電源がバッチリなのでノマドーズにもぴったり。

女子受けしそうだけど女子すぎず、確かにオール世代気軽に入れる感じ。

ちなみにこの日は日曜の朝なのに男性シングル客でいっぱいだった。

何需要?

  

個人的には、テイクアウト用のコーヒーのカップを「熱いので二重にしますね!」と

笑顔で対応してくれたお姉さんにじわじわ感動した。

ちょっとしたことだけど、そういう心遣い、いいよね。

 

コンセプト通り、私にフィットしたのでまた行くよ〜っと。

そしてまたホットケーキ食べよ。

 

なんか疲れちゃった、、って時は早寝早起き&映画で心の栄養補給

怒涛の半年が過ぎ去り、その反動なのか、ここ最近なんとなく心身にネガティブオーラをまとっている感があった。

最近は5月病ならぬ6月病ってのがあるらしいから、もしやそれになりかけてるのかもしれない⁈

心のスランプ・6月病をご存じですか?|プラスコラム| +Wellness プラスウェルネス

 

こりゃいかん!

ってことで、久々に息子と一緒に21:00就寝でたっぷり休息&朝早起き生活を始めてみた。

 

朝5:00に起きてまずやってみたことは、映画観賞。

見た映画は「ショーシャンクの空に

名作だけど、何気に初見。

 

刑務所が舞台っていうのでなんとなく悲劇感動作をイメージしてしまっていたので、観よう観ようと思いつつも気持ちが落ちそうで敬遠してしまっていた。

 

確かに刑務所が舞台なので、陰鬱な雰囲気や悲しいシーンもあるのだけれど、観終わった直後はなんとも言えない心がポカポカするようないい気分になる、そんな映画だった。

あぁだからみんな繰り返し観たくなるんだね。

 

名作と呼ばれる映画ってやっぱり滋養になるね。

劇中で、主人公のアンディが図書館を充実されたり、大音量でオペラを刑務所内に流したりするシーンもあったけど、本当に音楽や芸術って心を豊かにする。

 

映画って2時間もあるので、子育てしてるとなかなかそんなまとまった時間取れない。

どうしても細切れ時間にコンパクトな国内・海外ドラマばかり観ちゃう。

現に、この映画も2時間がっつり集中して観たというより、Huluなんで時にノートPCキッチンに持ち込み朝ごはん作りながら観たりもした^_^;

 

でもその価値あると思ったよ。

なんだか心に潤い取り戻した感じ。

最近、ドラマもリバースとか小さな巨人とか、プリズンブレイク5とか緊迫したのばっか見てたからかもしんないけど。

(関係ないけど、プリズンブレイクはショーシャンクを基にしたのかっていうくらいなんだか設定が似てた。まぁ違った良さはあるけど。)

 

ってことで、しばらく早朝名作劇場続けてみよっかな〜と思う。

 

 

再開&再出発

はい。早速滞りましたっ。

 

 

最後にブログを書いたのは退職決定直後くらいだったけど、

それからの半年間は怒涛の日々でしたっっ。

 

引き継ぎ業務の始まりと同時に職場内のいざこざに巻き込まれ〜の、

資格講座通い・勉強生活が佳境に入り〜の、

有休消化は家族旅行@沖縄&実家帰省でのんびりし〜の、

フリーランス手続きわからないことだらけ〜の、

新しい環境で新しい仕事と人間関係が始まり〜の、

息子2歳になり超絶イヤイヤ期に入り〜の、

試験がやっと終わり〜の、

で、今ようやく落ち着いたのでブログ再開っと。

(楽しいやつも混ざっちゃった)

 

ブログ書く時間なかったわけじゃないけど、

ブログの方向性をどうしようか迷って記事を書く手が止まっていたのが

正直なところ。

 

方向性っていうのは、

HOP:ただただ日常をライフログとして記録していく

STEP:フリーランサーとしての自分のビジネス(専門性)と繋げる

JUMP:さらに違う軸のビジネスにする(アフィリエイトとか発信者を目指す)

 のどれにするかなぁ?ってこと。

 

迷った結果、とりあえずはこれまで通り

HOP:日常の徒然ごとを書くゆる〜いライフログ系ブログにすることにした。

あくまで育児、息子との生活を優先第一に考えたいのと、

まだ本業の仕事の方でお客さんに信頼してもらう段階で頑張り時だからね。

 

まぁ、ブログの目的があるとしたら、

かつての私のような苦しみを、今味わっていている方々に

こんな生き方もあるぜよ、いろんな働くかたちがあるよ、

ってことを知ってもらえるといいなぁってこと。

そんな大層な生き方ではないけれどね。

 

とまぁ、働き方を変えて今3ヶ月目になりますが、

日常が落ち着きを取り戻し、仕事も軌道に乗り、

息子との時間も十分に取れて、とても幸せです^^